コンクリート工事や避雷設備等で安心安全生活【快適HOUSE】

工事

システムの導入

排水は管理されています

建設

地球における人類の生活環境は主に陸地、特に地上が中心となります。しかし、生活圏として定住するためには地質が重要です。地質次第ではありますが、開発時には大抵の地下から大量の水が湧出して地域環境を汚染する原因となります。この汚染を防ぐために濁水処理システムが必要になります。 工事現場等で発生する濁水は泥等を含んでいるだけと言う印象がありますが、土壌を構成する有害物質を含んでいることもあります。そのまま排水すれば工事の進行もままなりませんから、排水するために生活排水程度まで水質を改善する必要があります。濁水処理システムは濁水を高速で沈降分離処理を安定して行うことで建設現場で発生する濁水の浄化管理して工期の短縮にも役立っています。

汚濁処理は地球環境に優しいシステム開発が進められています

現在主流となっている濁水処理システムは濁水処理装置に流入させた泥水と専用の薬剤を混ぜ合わせることで泥水中の不純物を凝集させて汚泥として沈降させます。沈降させた汚泥は装置下部で蓄積させて粘土化して廃棄処理することが一般的です。濁水の下水や一般河川等への流入を防ぐことは地球環境の汚染リスクを防く事に役立っています。 しかし、現在の濁水処理方法では凝集剤として使用する薬剤による環境汚染のリスクが必ずしもゼロではありません。こうした薬剤による汚染だけではなく泥土も産業廃棄物として処理しなければならない等、地球資源の有効活用が十分ではありませんでしたが、近年ではこうした課題を解決した濁水処理システムも開発されて一層地球環境への貢献度を増しています。